ご挨拶。我社のホームページに、ようこそお立ち寄り下さいました。明治33年 曽祖父桐原秀太郎が、アサノセメント初代社長浅野総一郎様より忘れえぬ恩義恩情を頂いて始まった弊社の事業は、その製造品目が洋樽,紙袋,樹脂袋そして段ボールと時代とともに変わりながら、包装容器を社会に供給するという途から外れることなく、原爆の惨禍と幾度もの経済の満ち干を乗り越えて今日を迎えることができました。わたくしたち桐原容器は、秀太郎の座右銘 『熱心努力』 に恥じぬ意志と行動を持って、包装梱包資材の製造という社業を通じて、すばらしいお客様の恩に報いるため、また愛する広島の発展のために、地味ながら強くゆっくりと歩んでまいります。